美容外科でできること

微笑む

美容外科では、自分に自信を持って積極的な人生を歩みたいと思っている人の背中を押すための美容整形や美容施術を扱っています。

美容外科というと、整形外科や形成外科と混同される方も多いようです。
しかし、これらは外科的な処置を行う病院という点を除いて、まったく異なるものです。

整形外科では、骨や関節の病気を扱っています。
例えば、スポーツをして膝を壊してしまった人や交通事故でケガをした人などが訪れる病院です。
リハビリテーションなどを行い、日常生活を行えるよう症状の回復を目指した治療が行われています。

形成外科は、主に体の表面にできている病気の治療を行うところです。
ケガややけどによる傷跡の治療や、事故によって負った顔の骨折の治療、生まれつきあるあざの治療などが行われています。例えば、交通事故や事件にあって皮膚に大きな傷跡が残ってしまったというような場合には、形成外科での治療が最適です。

このように見ていくと、形成外科と美容外科はとても似ているように思えるかもしれません。いずれも、体の表面や皮膚に対しての施術を行う病院です。
しかし、両者における明確な違いは、その治療理念です。
つまり、形成外科ではあくまで「身体に治療すべき異常がある」という見解のもとで治療を行っています。
それに対して美容外科では「異常はないが、患者本人が美的に改善したい部位がある」という場合に治療を行います。
また、形成外科での治療は健康保険が適用されますが(一部適用されない治療もあります)、美容外科の場合にはほぼ全ての治療が全額自己負担となります。
このあたりも大きな違いだといえるでしょう。

例えば、交通事故で額に大きな切り傷ができ、縫合手術をしたとしましょう。そして抜糸後、手術の跡が残ってしまったとします。
こういった場合には、明らかな原因があっての皮膚の異常を治療するわけですから、形成外科に行って治療を受けるのが最適です。
一方、美容外科に行った方が良いのは、例えば一重まぶたから二重まぶたに美容整形手術をしたい、鼻をもっと高くする美容整形をしたい、豊胸美容整形手術で胸を大きくしたいというような場合です。
こういったケースの場合には、治療すべき異常があるのではなく、あくまで本人の美的観点からの施術を望んでいるわけですから美容外科となります。

岡山県内には、整形外科や形成外科、美容外科がたくさんあります。適切な病院を選んで治療に当たるようにしましょう。